2016年4月20日の御講話、イタリア・ローマ、ユースプログラム

質問:スワミ、過去数日間に、スワミは、複数回わたし達のハートの中にスワミを探すように話され、スワミはわたし達の全ての質問を答える準備があることを話されました。私達の兄であるアイザック・タイグレットさんは、何年にもわたり、彼がスワミを内側に見て話をすることが出来ると話してきました。私にとって、これは到達するのが非常に困難なゴールのように見えます。スワミとのこの内側のコミュニケーションを成し遂げる際の最大の障害は何でしょうか?そしてその障害を乗り越えるためには、わたし達は何をすればいいのでしょうか?

 

スワミ:神は、私が降臨する前にあなたの中に存在しており、スワミが身体をまとっていた時も存在し、この後でさえも引き続き存在します。皆さん方各々の中に存在するのは同じ神であり、かれはたくさんの名前や姿を持ち、皆さんが自分自身の神性を悟る助けをするために異なる陸地に現れます。

イエスが聖フランシスに話したとき、彼はどこから話しかけたのでしょうか?人々は神がマザー・テレサに話すことを言いますが、神はどこから彼女に話したのでしょうか?全ての偉大な聖者、賢者、預言者に対し、神は外側からではなく、彼らの内側から話しました。かれらが聞くことを可能とさせるものは、何なのでしょうか?神の声を聞くことを阻むものは何でしょうか?雑音が多すぎるのです。

この部屋で皆が静寂であるとき、皆さんは私の声を聞くことができます。もし、皆さん全員が同時に話したら、どのように私を聞くことが出来ますか?皆さんが私に内側からの導きを祈るとき、実際には皆さんは外側の遠いところにいる誰かに祈っているのではありません。皆さんは、自分自身の内なる神に話してくださるように祈っているのです。私は、皆さんと話すのにいかなる名前や姿を取るかもしれませんが、私が皆さんと話すときはいつでも、皆さん方は 「これはスワミだろうか?これは私の想像だろうか?私のマインドか、又は、ひょっとすると単なる私のスワミに対する自暴自棄さがこれを私に考えさせてるのだろうか?」と疑念を抱きます。

霊性の道において、最大の障害は自信の欠如です。私は、あなた自身の内側の神として、何度もあなた方に話していますが、それは仏陀、イエス、モハメッド、又はサイババの声でもあります。

それは、内側からあなたに話しかける声です。それが話しかけるとき、疑ってはなりません。それが伝えていることを理解するように努めなさい。なぜなら、その声の伝えることは、あなたにとって良い事であり、他の全ての人にとっても良い事だからです。それに従う次のステップを取るとき、あなたは平安を獲得します。

次回は、静寂の中で祈りなさい。あなたの全ての想念ーマインドの雑音ーを静めた後に、話されていることの内側からの感覚を得るでしょう。それに従いなさい。そしてその結果を自分の目で確かめなさい。人生は素晴らしい冒険となることでしょう。

問題は、これらすべてのことに対して、あなたが特定の期待、このように見るべきだ、このように聞こえるべきだ、特有の形で言われるべきだ、との期待を持っていることです。しかし、神は名前や姿を持たず、内側の声は自分のハートの最も深い奥まったところからやってきます。あなたがマインドの干渉がない完全に静寂な状態であり、あなたがその声が言うことを何でも従う完全な準備ができているとき、それが神の声であることがはっきりと分かるでしょう。それを何かしらの子供じみた興奮の演習にしてはなりません。絶対の信仰と確実さを持ち合わせる誠実な努力とせねばなりません。そうすれば、自分で理解できるようになります。

あなたのお腹はどのくらい食べたかを知っており、外部の人があなたの空腹が満たされたかどうかを計ることは出来ません。同様に、内なる神が話すとき、あなたのハートはそれが神であることを知っており、これが、それが神だと知る方法です。疑念を持ってはなりません!静寂になり、来るものに従う準備をしなさい。遊びまわってはなりません。そうすれば、あなたはそれが神だと知るでしょう。

イタリア、ローマ、2016年4月20日、ユースプログラム

You may also like

Leave a comment